Keio University Global COE Program
 日本語  English  
 
  市民社会におけるガバナンスの教育研究拠点  
    
   
 
 
データ・アーカイヴ
  データアーカイヴユニットでは国内外の研究者に開かれた共同利用のインフラ整備のために市民社会の研究に
  必要な様々なデータを取り扱うシステムを開発してデータアーカイヴに収納するとともに、様々なデータを収集・変換して
  収納する地道な作業を積み重ねております。
   
   S データアーカイヴユニットで開発ならびに開発中のシステム

  S-1:多言語検索システム(特許取得済)

    日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、インドネシア語、マレー語の七カ国
    語のいずれの言語でも法令や判例、外交文書などを検索できる画期的なシステム
   
 S-2:議会議事録検索システムの構築
    これまで別々のシステムで運用されてきたために包括的に分析することができなかった衆議院、参議院、
   全都道府県会議の議事録データを収集し、包括的に検索・分析できる画期的なシステム
   
 S-3:議会議事録収集システムの構築
    順次更新される衆議院、参議院、都道府県議会の議事録データを自動的に収集し、
    上記2の検索システムに収納する画期的なシステム
   
 S-4:外部アクセス管理システム
    外部からデータアーカイヴにアクセスする際に、従来は利用者側のブラウザに依拠する認証方式をとって
    いたために、利用者によっては文字化けなどでアクセスに支障を来すことがあった。
    このため利用者側のブラウザに依拠しない新しい認証方式を開発した。
   
 

 D データアーカイヴユニットに現在、収納されているデータ

  D-1:日本及び諸外国における市民意識調査データ
    本拠点が行った意識調査ならびに本拠点で入手した意識調査データで第二次世界大戦直後から現在までに
    行われた数多くのデータを集計データ方式とローデータ方式の両方で順次、収集・収納
   
  D-2:日本及び諸外国における国勢調査データ
    1955年から現在に至る全ての国勢調査データの全国・都道府県単位・市町村単位ならびにメッシュ単位
    で順次、収納 特に1955年〜1970年までの国勢調査データについては従来web化されていなかったために
    紙媒体から手入力したもの また韓国やロシアの国勢調査データを全国・自治体単位で順次、収集・収納
   
 D-3:日本及び諸外国における選挙結果データ
    新憲法下第一回選挙となった第23回衆議院議員総選挙及び第一回参議院通常選挙以降の全ての
    国政選挙結果を市町村単位で順次、収集・収納 特に、戦後数回の選挙結果データについては従来web化
    されていなかったために紙媒体から手入力したもの また韓国やロシアなど 諸外国の選挙結果データを
    全国・自治体単位で順次、収集・収納
   

 D-4:日本及び諸外国における法令データ

    日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピンの法令データを順次、収集・収納
    前述S-1システムを利用して七カ国語のいずれでもキーワード検索することができます
    
 D-5:日本及び諸外国における判例データ
    日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピンの判例データを順次、収集・収納
    前述S-1システムを利用して七カ国語のいずれでもキーワード検索することができます
    
 D-6:日本の議事録データ
    衆議院、参議院、全都道府県会議の議事録データを順次、収集・収納 前述S-2システムを利用して
    包括的に検索・分析することができます また前述S-3システムを利用して自動的にデータを更新
   
 D-7:日本の選挙公約データ
    衆議院議員総選挙、参議院議員通常選挙、全都道府県議会議員選挙、全政令市議会議員選挙の全ての
    立候補者の選挙公約を順次、収集・収納 さらに選挙公約を領域毎に順次、内容分析し、結果データを収納
   
 D-8:韓国の新聞データ  
    韓国を代表する東亜日報と朝鮮日報の記事データを順次、収集してweb対応に変換して収納 前述S-1システムを
    利用して七カ国語のいずれでもキーワード検索することができます
   
 D-9:英国の外交文書データ
    従来機密扱いであった外交文書を含めて、一定期間終了後に公開されるデータを順次、収集・収納
     またキーワード検索することができます